整形外科

骨折治療について

最近骨折をしてしまった方、骨折して時間が経っているがまだ骨が十分についていない方に超音波治療器を用いた治療を行っています。
また、この治療方法はスポーツ等で早期復帰を目指す方にもお勧めです。

骨粗鬆症について

レントゲン撮影による骨密度測定を行い、骨代謝マーカーを測定して現在の骨の状態(骨形成と骨吸収のバランス)を調べます。
骨粗鬆症と診断された場合には、さらに採血などで全身状態をしらべその原因の精査をします。

骨粗鬆症といっても自然経過のなかで生じた骨粗鬆症(原発性骨粗鬆症)と、他の病気の影響で起こった骨粗鬆症(続発性骨粗鬆症)ではその成り立ちが異なります。特に続発性骨粗鬆症の場合には原因の治療も併せて行う必要があります。

続発性骨粗鬆症の原因

副甲状腺機能亢進症、甲状腺機能亢進症
ステロイド性、抗けいれん薬、ワーファリン、SSRIなど
胃切除後、吸収不良症候群、 糖尿病、関節リウマチ、アルコール性、慢性腎不全、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など
当院では骨粗鬆症となった原因を明らかにして、その方にあった日常の運動方法、生活リズムの指導をベースに、最良の薬物治療(内服、注射など)をご提案し治療を行っていきます。

脊椎疾患について

薬物療法、物理療法、ペインクリニック(神経ブロック)、装具療法、姿勢矯正、筋力トレーニングなどの治療を行って症状の改善を目指します。

スポーツ整形について

院長は日本スポーツ協会公認スポーツドクターの資格を有しており、随時スポーツ障害に関する相談を承っています。スポーツの特性のあった障害の防ぎ方、ストレッチ方法、テーピング指導等も行っています。

瞬間的な外力によるもの

打撲、捻挫、突き指、骨折、脱臼、切創、靱帯損傷、腱損傷、筋断裂(肉離れ)、脳しんとうなど

慢性・反復性によるもの(障害)

テニス肘(上腕骨外上顆炎)、野球肩、野球肘(離断性骨軟骨炎)、ゴルフ肘、ランナー膝、ジャンパー膝、アキレス腱炎、疲労骨折(肋骨骨折、脛骨骨折、中足骨骨折、ジョーンズ骨折) など

装具作成について

義肢装具士によるスポーツ障害の対する装具、腰椎疾患に対する装具、足の障害に対する装具の採型・作成を行います。
毎週木曜日午後 予約制

リハビリテーションについて

低周波・干渉波治療器、マイクロ波治療器、SSP治療器、ホットパック、超音波治療器などを組み合わせて物理療法を行います。
上下肢の筋力強化、体幹の筋力訓練、バランス訓練、歩行訓練、腰痛体操、頚部・肩こり体操、足底板を用いた立位・歩行の姿勢矯正などを行います。

診療時間

整形外科:大武 修一郎

整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・スポーツ整形

時間
9:00

12:30
×
15:00

19:00
× × ×

は通常の整形外科外来に加えて 装具外来も行っています。 平日午後の診療受付時間は18:40までとなります。

内科:大武 幸子

内科・糖尿病内科・生活習慣病

時間
9:00

12:30
× × × × ×
15:00

19:00
× × × × × × ×

祝日は休診日となります